狭くなった鉢からの植え替え:二層式ポットのハイドロカルチャー管理メモ④




こんにちは、福岡市在住の自然好きアラフォー女子、Pollyです。

今回の記事では、ハイドロカルチャー環境で育てている観葉植物の、一回り大きな鉢への “引っ越し”の様子をご紹介したいと思います!

私はハイドロカルチャー歴2年ほどの初心者に過ぎないのですが、約半年前に当ブログで「イオン交換樹脂栄養剤」の使用体験記をご紹介して以来、定期的に自宅の植物たちの生育記録をご報告しております。

知識も経験も豊富な玄人の指南記事とはいきませんが、一般人の管理の様子を眺めるという感じで、何かしら参考になれば幸いです。(こんな感じでも一応育ってます笑)

今回は、シリーズの4回目となります(記事アップ日:2020.1.12)。それでは、よろしくお願いいたします!



栽培環境のおさらい

まずは、我が家の水栽培植物たちの、これまでの生育状況を簡単にまとめてみたいと思います。これまでの記事に目を通してくださった方は読み飛ばしてくださいませ。

私は、アイビーを2鉢、ガジュマル1鉢の計3鉢をハイドロカルチャー環境で育てています。いずれもインナーポットを使った二層式。二層式は一層式(?)に比べて水や根の管理がしやすく、個人的には初心者におすすめの栽培方法です。

彼らがハイドロカルチャーデビューしてからこれまでの流れは以下の通りです。

  • 2019年5月…それぞれをハイドロカルチャーに植え替え
  1. 同年6月10日…イオン交換樹脂栄養剤の初回投入
  2. 同年9月13日…イオン交換樹脂栄養剤の交換1回目
  3. 同年10月20日…アイビーの一部を土栽培へ移植
  4. 2020年1月11日…今回の記事(ガジュマルの引っ越し&イオン交換樹脂栄養剤の交換2回目)

アイビーは元はフラワーアレンジメントの一部としてスポンジに刺さっていた “脇役”、ガジュマルはダイソーで300円で購入したものです。それぞれ、昨年(2019年)5月にハイドロボール環境に植え替えました。

ハイドロボールは同じくダイソー調達、インナーポットはホームセンターで買った「園芸用ポリポット」に自分で切り込みを増やしたもの、アウターポットにはキッチン用キャニスターを使用しています。

節約命、です。

そんな彼らの、❷2019年9月13日(イオン交換樹脂栄養剤の1回目の交換後)の様子がこちら。

ハイドロカルチャーの観葉植物
2019年9月13日の様子

一番右に写っているガジュマルの根が肥大し、2020年1月現在、このインナーポットではちょっとピチピチ&パンパンになってきてしまいました。

そこで今回(❹)は、イオン交換樹脂栄養剤の2回目の交換と合わせて、ガジュマルの植え替え作業を行いたいと思います。

イオン交換樹脂栄養剤は本来ならば3ヶ月おきに交換するものですが、今回は4ヶ月後になってしまいました。「冬場だからいっか」と怠けていたのが原因です。(すみません汗)

その交換作業自体は前回記事でご紹介した内容と大差ありませんので、当記事では主にガジュマルのポット引っ越し作業の様子をご紹介いたします。

といっても、新しいインナーポットを用意して入れ替えるだけなんですけどね…

交換作業

早速、そのガジュマルをポットから抜いてみましょう。冬なので水の投入は控えめにしており、わりとカラカラ状態。

ハイドロカルチャーで生育中の植物の根の部分

前回のイオン交換樹脂やら根っこのカスやらがまとわりついていますので、植え替えを機に一度きれいな水をじゃぶじゃぶ通してあげるといいと思います。

このとき私はそれをし忘れ、少しだけ後悔しました…。

ポットから出しても、特に腐ったような悪臭がするということはありませんでしたが、また新しいイオン交換樹脂栄養剤を入れたら3か月間はじゃぶじゃぶできませんからね。

そして、今回植え替える “引っ越し先” はこちら。

園芸用ポリポット

左が新居、右がこれまでの家です。いずれも前述の通りホームセンターで購入した「園芸用ポリポット」で、左から40円、25円です。

極小サイズと小サイズの園芸用ポリポット

買ってきたままでは経験上、空いている箇所が少なすぎて根っこに良くなさそうですので、まずはカッターナイフで改造します。(※あくまでも自己流のやり方です。)

もし同じようにされる場合は、カッターで一度切りたいラインを軽く入れてから、二度目にしっかり力を込めてやるようにするとうまくいくと思います。刃を出し過ぎないように、お気を付けくださいね。

次に、新ポットの底にハイドロボールを敷きます。分量は、植物を入れたときの高さを見つつ調整。

園芸用ポリポットにハイドロポールを注ぐ様子

新しい鉢に入れるときの留意点としては、根っこが直接ポットにタッチしないようにすることです。(と、以前に何かの記事で読んで以来、私はそのようにしています。)

高さがだいたい良くなったら植物を入れ、周囲からハイドロボールを流し込んで固めていきます。

ハイドロカルチャーのポットにハイドロボールを入れる様子

ガジュマルはどっしりとしていますのでとてもやりやすいですが、ヒョロヒョロした植物の場合は、位置セットのために割り箸などを活用しながら行うといいかもしれません。

ハイドロボールを入れ終わったら、新しいイオン交換樹脂栄養剤を入れて完成!

ハイドロカルチャーのアイビーとガジュマル

気分転換に、アウターポットをイケアで買った水色のに着替えてみました。アイビーたちも樹脂を交換してリフレッシュできましたし、これでまた3ヶ月はポット内の様子を見ながら水をあげる日々です。

ここ3~4ヶ月は正直ほったらかしにしてしまっており、季節のせいか日光浴が足りないせいか、葉っぱがやや黄緑っぽい色になってしまったため、これから春に向けて様子をこまめにチェックしながら育てていきたいと思います!

おわりに

今回もまた、一素人の植物管理の様子をご紹介しただけの記事ですが(笑)、こんな風にやっている人もいるということで、どなたかの参考にでもなればと思います。

植物は自分から喋って自己主張したりはできませんので、様子を観察するということが本当に大事なんですよね。

私なぞはついつい後回しにしがちなのですが、少しでも元気に暮らしてもらえるように、やるべきことはサボらずにしっかりやっていきたいものだ、とあらためて感じた今回の作業でした。

最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました!

みなさんも、よい栽培を☺

それではまた! Polly