プロ野球、ざっと基本を押さえてみよう【観戦歴3年の女子による入門の手引き①】




この記事は、これからプロ野球を見始めるという方、もしくは見始めたばかりという方々に向けて、初心者に毛が生えたくらいの私が、初心者の視点で観戦入門を応援するものです。

  • 野球を見始めたいけど、いまいちとっつきにくい
  • 友人や恋人が野球好きなので、自分ももっと一緒に楽しみたい
  • 最近見るようになったが、よく分からない言葉がある

そんな風に感じている方って、意外と少なくないと思うんです。私も、3年前に初めてしっかり野球の試合を見るようになったとき、そうでした。

基本的なルールはなんとなく分かっていても、解説者の使う言葉に「?」が飛び交い、「打つか打たないか」以外の楽しみ方がまだよく分からなかった日々。

そこで、当時私自身が疑問だったことを思い出しながら、すごくベーシックな観戦入門の手引きシリーズを始めてみたいと思います! 中でも初回となる今回は、観戦に当たって押さえておきたい基本ルールについてまとめます。

お読みいただく方にとって、一段階でも二段階でもパワーアップして観戦を楽しむきっかけになっていけば嬉しい限りです。

それでは、いってみましょう!

セ・リーグとパ・リーグの各球団名や本拠地について確認したい方は、こちらの記事を参考にどうぞ☺

【最新版】どれがどこ?プロ野球セパ12球団の本拠地一覧表&マップ(初心者向け)



試合に出る人数

まずは基本中の基本、試合に出る人数から始めてみましょう。

野球で試合に出る人数は9人です。よく「ナイン」と言われたりします。

他にも、試合中に入れ替わるための控えの選手たち、監督、コーチなどがベンチで試合を見守っていて、野球中継でもその様子がよく映し出されますよね。

試合に出る選手、ベンチで控えている選手、どちらも合わせて「ベンチ入りメンバー」といい、最大25人までが “ベンチ入り” をすることができるようです。

この25人の中でも、試合開始時から出場するメンバー9人のことを「スタメン(スターティング・メンバー)」といいます。

守備のポジション

次は、守りの各ポジションを確認してみましょう。

野球の守備ポジション

ベースに囲まれた四角形を「ダイヤモンド」、その中央の茶色の部分を「マウンド」と呼びます。

マウンドは小高く盛り上がっており、その上に立ち、バッターにボールを投げ込むのがピッチャー(投手)。ホームベース側でそれを受けるのがキャッチャー(捕手)。この二人のコンビを「バッテリー」と言います。

ダイヤモンド周りを守るのは、ファースト(一塁手)・セカンド(二塁手)・ショート(遊撃手)・サード(三塁手)の「内野手」たちです。

後ろの3ポジション、ライト(右翼手)・センター(中堅手)・レフト(左翼手)は「外野手」と呼ばれます。

私のイメージでは、ファーストはチームの中で一番よくホームランを打つ人(4番バッター)が守ることが多く、この人は守備も上手。

それから、外野手は足が速く、かつ長距離を投げられる強い肩を持つ人。特にセンターは、チームで一番の俊足であることが多いです。

ポジションによって必要とされる能力・技術はいろいろ違ってくるようです。

二塁手は二塁にいるわけではない、ということが初心者には新鮮な発見かな、と思います。

攻撃について

守りがあれば攻めもありますね。この攻守の切り替わるタイミングについては後ほどご説明するとして、まずは攻撃時の基本事項をチェックしましょう。

打順・打線

野球における攻撃とは、打つこと一塁→二塁→三塁を一巡りして本塁(ホームベース)に帰ってくること」です。

打撃は、監督がその日ごとに決める「打順(オーダー)」に沿って、代わるがわる「バッターボックス」に入って行います。

この「打順」は、スタメンとともに「お、今日は変えてきたな」などとファンが楽しみにすることの一つです。

中でも3番・4番・5番バッターはクリーンナップといい、よく打つような選手が3人続けて打席に入るので、点が入りやすい “見せ場” となります。逆に、相手チームのピッチャーや野手にとっては早く終わって欲しい局面でもありますね。

特に4番は “ホームランバッター” と呼ばれ、チームの中で一番ホームランを打てる「強打者」であるのが常ですので、“ノーアウト満塁で次は4番” なんて状況はもう、敵も味方も観客も、手に汗握る大興奮なわけです。

この「打順」は「打線」ともいい、1番から5番バッターまでを「上位打線」、6~9番を「下位打線」と呼んだりもします。

「上位」「下位」という言葉から、上位打線の方が凄そうな印象を受けると思いますが、かといって下位打線が凄くないわけではありません。下位打線にも強打者を置くチームもありますし、強打だけが打撃の全てというわけでもありません。

どんな選手が揃っているか、どんな戦略で攻めるのか、チームによって特色もいろいろです。

ちなみにこの「打順」は、回が変わったからといってまた1番からリスタートするものではなく、試合終了まではずっと繋がっていきます。例えば、1回目の攻撃が3番バッターまでで終わった場合、2回目の攻撃は4番バッターから打席に入る、ということですね。



ピッチャーは打席に入る?

ここで一点、セ・リーグとパ・リーグ間にある大きなルールの違いについてご説明せねばなりません。それは、ピッチャーが攻撃時に打席に立つか立たないか、です。

結論を言うと、セ・リーグではピッチャーもバッターとして打順に組み込まれますが、パ・リーグではピッチャーがバットを持つことはありません。(※セパ交流戦は例外)

では、パ・リーグの攻撃時にはバッターが一人足りなくなるんじゃ?という疑問を持った方。素晴らしい考察力です。

パ・リーグでは、一つ空いた打席にはピッチャーの代わりに「DH(指名打者)」という攻撃専門の選手が入るのです。バンバン打つけど足は遅いような外国人選手が入ることが多いです。

このセとパのルールの違いは、知っておくといつかは必ず役に立つ知識だと思います。

ちなみに、セ・リーグでは9番にピッチャーが入り、パ・リーグでは9番にキャッチャーが入ることが多いようです。

試合の流れ

基本的なゲームの流れ・ルールについては、小・中学校の体育の授業で習ったのをおぼろげながらも覚えている、という方も多いのではないかと思います。

簡単におさらいしてみましょう。

守備と攻撃の1セット=「回」

先攻チームの攻撃時を「」、後攻チームの攻撃時を「」と呼び、表と裏を1セットで回(イニング)」と呼びます。1回表・1回裏、2回表・2回裏…という調子で、基本的には9回裏まで続きます

その日の試合が行われている球場を本拠地としているチームを「ホームチーム」、遠征してきているチームを「ビジターチーム」と言い、どちらのチームが先攻・後攻になるかという決定権はホームチームにあります。

通常はホームチームが後攻を取り、ビジターチームが先攻となります。

先ほど、試合は9回までとお話しましたが、9回表終了時点で先攻チームが負けていれば、そこでゲームセットです。後攻チームにしてみたら、9回裏で点を取ろうと取るまいと既に勝ちが決まっているからですね。

また、9回裏が終わっても同点だった場合は延長戦に突入。延長の上限は12回までです。

5回まで終わると一区切り

5回裏の後にはグラウンド整備が入るため、一旦流れが止まります。

その間、グラウンドの際ではたいていホームチーム側による応援ショーが繰り広げられ、トイレや飲食料調達で席を立つ人が多発するのもこのタイミングです。

テレビの野球中継ではCMタイム、もしくは「ここまでの流れを振り返りましょう」とダイジェスト映像が流れたりします。

ラッキーセブンの攻撃

そして、球場で観戦するときのお楽しみとなるのが、7回の攻撃前の球団歌斉唱&風船飛ばしです。

福岡ヤフオクドーム・ラッキーセブンの風船飛ばし

上の写真は、福岡ソフトバンクホークスのホーム球場・PayPayドーム(旧ヤフオクドーム)での様子です。何千人ものホークスファンが、ジェット風船を飛ばすタイミングを今か今かと待っています。

この風船の色は、チームのテーマカラーです。ソフトバンクホークスは黄色、西武ライオンズなら青、広島カープなら赤、巨人ならオレンジ、という具合ですね。

膨らませすぎて破裂させたり、フライングして飛ばしちゃったり、思ったより早くラッキーセブンが来ちゃって焦ったりといろいろありますが、会場が一体となる瞬間は最高に楽しいです。

この間、民報の中継では先ほどの5回終了後と同じくCMやリプレイが流れますが、BSや有料のスポーツチャンネルだとこの球団歌&風船飛ばしも映してくれることが多いです。

攻守交替のタイミング

攻守が切り替わるタイミング、つまり表と裏がチェンジするタイミングは、「3回(3人)アウトになったら、です。

どうすればアウトになるかというと、

  • バッターが三振空振り三振 or 見逃し三振した
  • バッターが球を打ったが、その球が地面に着く前に敵の守備がキャッチしたフライやライナー
  • 走者が塁に走り込むより先に、当該塁を守っている敵野手の元にボールが届いた
  • 走者が塁に着く前に、敵が走者の体にボールをタッチした など

他にもアウトになるケースはいろいろありますが、上記を知っていればとりあえずOKです。私もその他の詳しい内容までは把握していませんけど、普通に観戦するには全然問題なしです。



ボールカウント

野球の試合は長いです。テレビでも、18時~21時までの3時間なんて、普通にやってますよね。

ご飯の準備をしたり、CM中に違うチャンネルに変えたりトイレに行ったり、試合中は何かしらで観戦離脱するもの。

いつ試合観戦を再開しても両チームの攻防状況をパッと確認する手助けをしてくれるのが、「ボールカウント」というものです。

カウントの見方

こちらがその「ボールカウント」です。画面の隅に、点数や出塁状況とともにいつも表示されていますよね。

上から「B(ボール)」「S(ストライク)」「O(アウト)」と並んでおり、戦況により点き方は様々です。

試合中継の解説では、特にボールとストライクの状況を実況するために、2ボール・1ストライクだとボールカウント、ツーエンドワン、1ボール・1ストライクだと「ワンエンドワン」と言ったりします。

下の画像のようにランプの全てが点(とも)った状態は「フルカウント」と呼ばれ、次にどう転ぶか分からない、絶好の盛り上がりポイントです。

フルカウント

緑(青)が一つ増えてフォアボールになるか、黄色が一つ増えてスリーストライク・スリーアウトチェンジになるか、バッターが打って何かが起こるか…。

このあたりは、観戦を重ねるごとにその面白さが分かってくる部分です。

楽しいですよ~!

緑と黄色が点灯するのはどんなとき?

具体的に、どんな場面で「B」「S」「O」それぞれのライトが点灯するかを確認してみましょう。

赤色の「O(アウト)」は、誰かがアウトになったときに点きますね。どういう時にアウトになるかは、先出『攻守交替のタイミング』の中でご紹介した通りです。

初心者にはちょっと分かりづらいのが、緑の「B(ボール)」と黄色の「S(ストライク)」がどんなときに点くのか、だと思います。

よりよく理解するために、少しだけがんばって以下の説明についてきてください。

まず、ピッチャーが球を投げ込んで起こり得る全てのシチュエーションを考えてみます。

  1. バッターが球を打って出塁
  2. バッターが球を打つが、ファウルになる
  3. バッターはバットを振るが空振り
  4. バッターがバットを振らずにボールを見送る(見逃す)

1段階目の ”ふるい” として、この4パターンのうちボール(B)かストライク(S)が点灯するのは②、③、④ のときです。早い話が、ピッチャーの投球後もバッターがバッターボックスに居残った場合、ですね。

そして2段階目の “ふるい” として、その②、③、④のうちボール(B)になり得るのは④のみ、「バッターがバットを振らずに球を見送ったときです。

ボールとは

バッターがバットを振らずに球を見送り、かつピッチャーの投げ込んだ球がストライクゾーンから外れていた」とき、緑の「B(ボール)」が点灯します。

つまり、不利な場所にボールが投げ込まれたが故にバッターが球を見送った場合=ボール、です。

このような球のことを「ボール球(だま)」と呼びます。

バッターが「あ、これはボール球だな」と瞬時に見分けて、手を出さずに見送ることを4回すれば、それは「フォアボール」となり、バッターはただちに歩いて一塁まで出塁する権利を得ます。

これを見分けるには「選球眼」と呼ばれる能力が高い必要があり、選手によって得手・不得手があるようです。

この「フォアボール」を守備側の視点から見ると、敵をタダで塁に出すのですから、基本的にはこれはピッチャーの投球ミス。しかし、たまに戦略的にわざと相手にフォアボールを取らせることもあります。そんな場合、解説ではよく「歩かせる」なんて言ってますね。

ちなみに、いくらボール球でもバッターがそれを振って(“手を出して”)しまい、空振りにでもなろうものならそれは「S(ストライク)」にカウントされてしまいます。

こんなときファンは、「あー、ボール球に手ぇ出すなよー!」と文句を言ったりします。

ボールを取るには「バットを振らないこと」が必須条件です。

ストライクとは

ストライクについては、これまでの話からもう何となくお分かりだと思います。

②「バッターが球を打ったがファウルになった」か、③「バットを振ったが空振り」か、④「バットを振らずに球を見送りかつその球がストライクゾーンに入っていた」とき、黄色の「S(ストライク)」が点きます。

そして、ストライクを3回重ねてしまうと「スリーストライク」すなわち「三振」となり、バッターアウトとなります。

三振は、バッテリーにとっては大成功。打者をバッターボックスから一歩も出すことなくアウトにしてしまうのですから、まさに “鉄壁の防御” と言えると思います。

この、ボールかストライクかを見分けるのが難しいところで、ボールだろうと思って見送った球を、審判が「ボールじゃなかった」と判断すればストライクをとられてしまいますし、それこそ先ほどの選球眼が効いてくるというわけですね。

ファウルとは

次は、先ほどからちょいちょい登場している「ファウル」について。

ご存じの通り、バッターの打った打球が線の外、もしくはファウルポールより外側に出てしまえばファウルとなります。

参考までに、下の画像の、黄色で囲んだところにあるオレンジの棒がファウルポールです。

福岡PayPayドーム

先ほどまでの説明で、「ファイルはストライク」とお話ししてきましたが、実は、ファウルがストライク扱いになるのは2回目までです。

3回目以降のファウルは何回やってもノーカウントなので、何度もファウルを重ねてピッチャーにプレッシャーを与えたり疲れさせたりという効果もあり、“物は使いよう” 状態。

こうしてファウルばかり続け、なかなかストライクを取らせないことを「粘る」と言います。

ちなみに、打ちあがったファウルボールをキャッチャーや野手陣がキャッチした場合は、線の内だろうと外だろうとバッターアウトとなります。

補足:デッドボール

いかにコントロール抜群のピッチャーといえど、狙いを大きく外してしまうこともあります。

ピッチャーの投げた球がバッターの体に当たった場合は「デッドボールとなり、当てられたバッターは歩いて一塁に進むことができます。フォアボールと同じですね。

ただ、100何キロの球が体に直撃すれば骨折の恐れもありますし、そのまま選手交代になることも無きにしも非ず。怪我なく出塁できたとしても、当てられて気分を害することも多いようです。

最近は稀なようですが、血の気の多かった昭和のプロ野球では、デッドボールがきっかけで “大乱闘” が巻き起こったりもしていたようです。よく「珍プレー好プレー」で放送されますよね。他にも、当たってないのに当たったフリをしたり(笑)

そういう、選手の人間臭いところを見るのもまた一興、というところでしょうか。

おわりに

他にもご紹介したい内容・用語は尽きませんが、今回はここまででとさせていただきたいと思います。

いざ書き始めるとどんどん話したくなって、予定より文字数多めとなってしまいましたが、最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!

プロ野球の基本ルールをあらためて振り返る、または新たに知る機会にお役立ていただけましたでしょうか。

この記事に書いてあることを掴んだら、後は何度か、30分間でも試合をじっくり観てみれば、どんどん野球観戦が楽しくなってくると思いますよ!

今度は、「聞いたことはあるけど意味がイマイチよく分からない」というような野球用語の解説などもまとめてみたいなと思っておりますので、よければまたお付き合いくださいませ。(※アップ時期はまだ未定)

それではまた☺

Polly