福岡・西公園内の3つの駐車場と各展望広場、どう違う? それぞれの様子を比較!【自然名所#9】




こんにちは! 自然観光ファンの福岡市東区民、Pollyです。

今回のレポートの舞台は福岡市中央区の西公園。春は花見客で大混雑すると噂に聞く西公園。個人的には、これまでにわざわざ行くという機会もなく、一度も行ったことのない場所でした。

それを今回、初めて足を運んでみよう! と思ったのは、西公園内には展望台があるらしいと知り、どんな景色が見られるのか興味を持ったからです。

能古島や、志賀島も見えるのかな?

いざ行ってみようと決め、Googleマップや西公園の公式サイトを見てみると…はて。公園内に駐車場は3つ展望広場も3つ(Googleマップでは4つ?)あるようです。

駐車場は無料のようですが…どれがいいのかな? 景色のいいのは??

いろんな疑問を持ちつつ、先日2019年10月26日(土)、とにかく行ってきてみました。そして、全駐車場、全展望広場を制覇して来ました。

そこで本記事では、行く前の私と同じように「公園内駐車場」と「展望広場」のチョイスに少し迷っているという方に向けて、行ってみて分かった情報などをまとめてみたいと思います

この記事を参考にしていただける方
  • 繁忙期(桜・つつじの時期やGW、夏休み)以外に、初めて車で西公園に行く方
  • 初めてではないけれど、各駐車場や展望広場の様子をおさらいしたい方
  • 各駐車場の様子を知りたい方
  • 各展望広場からの眺めを比較してみたい方
  • 西公園の雰囲気や様子にざっくりと興味のある方 など

駐車場に関しては、繁忙期になるとどこも満車になると思いますので、それ以外の時期に行かれる場合に特に参考にしていただけるのではないか思います。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします!



西公園へのお出かけ情報

アクセス

西公園は、博多湾に面した小高い丘全体に広がる風致公園(自然条件を活かした都市公園)です。真北には「福岡都市高速(環状線)」が走っており、その「西公園ランプ」がすぐ目の前にあります。

© OpenStreetMap contributors

大濠公園からは北に1kmほどのところにあり、最寄りのバス停と地下鉄の駅も「大濠公園」となるようです(徒歩10~15分)。

ちなみに、天神からの距離は3kmほどです。

公園内の造り

公園内の構造はこんな感じ。

© OpenStreetMap contributors

白い道が車道、「P」が駐車場、オレンジの点線が散策路・遊歩道です。車道は主に一方通行ですが、分かりやすく表示されているので迷う心配はありませんでした。

園内には歩行者専用の「トレイルラン・トレーニングコース」(一周1.4km)も設定されており、ランニングやウォーキング、サイクリング、犬の散歩やピクニックなど、公園全体が地元の方々の健康維持やレジャー活動の場ともなっています。

各駐車場と最寄りスポットまとめ

そんな西公園には、さきほどのマップにもあった通り、3ヶ所の無料駐車場があります。(収容可能台数は西公園の公式HP「アクセス」を参照しました。)

  台数 開場時間 最寄り展望広場 その他スポット
中央駐車場 13 9~22時 中央展望広場 荒津亭(うどん)、今屋のハンバーガー、アスレチック
西側駐車場 19 9~22時 西側展望広場 多目的広場、鵜来見亭(料亭)
東側駐車場 43 10~20時 東側展望広場 展望台広場、光雲神社、中司孫太郎神社

参考までに、各駐車場からの最寄りスポットもピックアップして載せてみましたが、どこか一ヵ所に停めて歩いて巡るのもアリだと思います。

西公園があるのは「荒津山」という山ですが、山というより「丘」。最高点でも海抜48.5mしかないので山登り感はほとんどなく、快適にウォーキングできます。正確な距離は分かりませんが、一通り巡って2~3kmくらいではないでしょうか。

ではこれから早速、「中央」「西」「東」の順に駐車場・展望広場の様子を詳しく見ていきましょう!

中央エリア

中央駐車場の様子

西公園の正面入口から公園内に乗り入れ、光雲神社の方へは行かずに真っ直ぐ進むと、「右に行けば中央展望広場」「左に行けば多目的広場・西側駐車場」という分岐に行き当たります。こちらを右へ進むと、100m足らずで中央駐車場へ。

福岡西公園 中央駐車場

こちらが中央駐車場です。

収容台数は13台と、3ヶ所の中では一番少ないですが、舗装もしっかりされ、車椅子優先スペースもあり、道のすぐ向かい側にはトイレも完備。

福岡西公園 中央駐車場の様子

私が訪れたのは10月下旬の土曜日の午前11時ごろですが、駐車場はすでにいっぱいでした。他の二ヵ所と比べてみて、この中央駐車場が一番活気があり、車の入れ替わりも活発だったように感じます。

繁忙期を外してみても、曜日や時間帯によっては “空いていたらラッキー” な駐車場かもしれません。

御食処 荒津亭(外観)

先ほどの駐車場の全景写真にも写っていますが、駐車場の横には「荒津亭」という、何やら味のある雰囲気のうどん屋さんがありました。

駐車場の案内板すらも店と同化してしまうほどの賑やかさです。

私は店内には入りませんでしたが、『生玉ぶっかけうどん 500円』や『黒みつ入りブラックタピオカみるくティー&ココア 350円』、ソフトクリームなどもあることが見てとれます。

入るのにちょっと勇気が要りそうな外観ですが、北海道羅臼昆布と純国産鰹節を使っているらしい “亀じいの本格手打ちうどん” には興味があるので、もしまたお昼時に行くことがあればぜひトライしてみたいようなお店でした。



中央展望広場の様子

展望広場は駐車場から徒歩ゼロ分。あっと言う間に広場に出ます。

福岡西公園 中央展望広場の様子

広場中央が少し盛り上がっており、船がモチーフかと思われるオシャレ東屋がどーんと建っています。

こちらがそのオシャレ東屋脇からの眺め。

福岡西公園 中央展望広場の様子

こじんまりとしてはいますが、腰をかけられる石製ベンチが点在しており、のんびり過ごしたくなるような気持ちのよい場所です。

さらに左奥の展望東屋に行ってみると…

福岡西公園 中央展望広場からの眺め

やや霞んでいて見通しがあまり良くありませんが、目の前には博多湾が広がり、その奥には香椎のアイランドシティや立花山、志賀島へと続く「海の中道」がずらーっと見えます。

ただ、志賀島そのものや能古島までばっちり見えるかというと、そちらは残念ながら木々に遮られていまひとつ。

この展望広場は、博多湾や博多港に出入りする船、海の中道の東半分を見渡すのによい場所だと思います。

福岡西公園 中央展望広場からの眺め

この荒津山ははるか昔から一大景勝地だったそうで、100年ほども遡ればビル群も埋め立て地もなかったでしょうから、眺めも今より格段に美しかっただろうなぁ…と思ったり。

でも、代わりにといってはなんですが、現代の風景美として夜景はすごくきれいかもしれませんね!

今屋のハンバーガー

この中央展望広場に初めて来たならば必ず気になるのがこちら、「今屋のハンバーガー」。

福岡西公園 中央展望広場 今屋

広場の片隅にあり、食欲をそそる匂いを広場中に漂わせています。そして店頭には “今屋のホットドッグ 全国三位に入りました” と誇らしげな看板。

すんごいおんぼろだし、大丈夫…? と思いつつ近寄ってみると、恐ろしくおんぼろな移動販売車の中で、白づくめのおじいちゃんが手慣れた様子でてきぱきと動き回る姿が。

福岡西公園 中央展望広場 今屋

これ、絶対 “本物” なやつだ! と思い、お腹も空いていないのに『ウィンナーサンド 300円』を注文。

メニューには他にも『ハンバーガー 350円』や『トマトレタスバーガー 400円』、『フランクエッグチーズ 500円』など、たくさんの種類のハンバーガー(見た目はホットドッグ)がありました。

数分の待ち時間の後、いただいたウィンナーサンド。絶品。

福岡西公園 今屋のウィンナードッグ

こんがりいい具合にトーストされたパン、溢れんばかりの具。ウィンナーに負けじと詰め込まれたキャベツ・ミンチ炒めには味がしっかり染みていて、たっぷり入ったコクのある絶品ソースにぴりっと効いた辛子がまた絶妙(辛子は抜くこともできます)。さらに、ウィンナーには細かく切れ込みが入っているという手のかけよう。これで300円。

にわかに食レポみたいになってしまいましたが、程よく濃い目の味付けで、本当に美味しかったです。

私は何の下調べもせずに行ったので知らなかったのですが、かなり有名なお店だったようで、常連さんも含めお客さんが途切れずに来ているようでした。

一度その味を知ってしまえば、西公園の近くに来る度に「寄ってこうかなー」と思わずにいられなくなること間違いなしです!

中央エリアの結論!

このエリアの特徴はなんといっても「食」と「自販機」の充実。 他の二つのエリアにはこのどちらもありません。

また、適度に賑やかで一番 “公園らしい” 雰囲気があるのもこの中央広場でしたので、西公園のメイン広場はここだ! と言って差し支えないと思います。

では次に、中央駐車場からは目と鼻の先にある「西側駐車場」の様子を見てみましょう。

西側エリア

西側駐車場の様子

こちらが駐車場の入り口です。

福岡西公園 西側駐車場

公式HPでは収容台数19台となっていますが、かなり広々とした印象。駐車スペースの区切りもあってないようなもので、自由な感じです。

アスファルトでの舗装はされておらず、ボコボコしたものが敷き詰められています。

福岡西公園 西側駐車場

正午時点で駐車場はぼちぼち空いてはいましたが、ひっそりとした場所だからか、無線待ちと思われるタクシーや営業車など、公園訪問とは違う目的で停めていそうな車が目立ちました。

(場内には「公園利用者に支障を来たしております。公園利用以外の駐車はご遠慮下さい」とそれを咎める案内看板がありますので、公園利用者から苦情が出ているのかもしれません。)

この西側駐車場が中央と大きく違うことは、最寄り展望広場まで若干距離があることと、トイレがすぐ近くにないこと。

距離があるといっても150mくらいですし、トイレも階段を下りればすぐありますけどね。

ちなみに、実はこの西側駐車場は「西側展望広場」と「中央展望広場」のちょうど中間あたりにありますので、中央に停めたくても満車だったときはこちらを覗いてみてもいいかもしれません

西側展望広場の様子

駐車場を出て、料亭「鵜来見亭(うぐみてい)」の前を通り過ぎ、ほどなくすると視界が開けてきます。

まずは展望広場第一弾として東屋と万葉歌碑のあるエリアがあり、

そこから先の階段を下りると第二弾があるという二段構造になっていました。

結論を言うと、この西側展望広場は3ヶ所の展望広場の中で一番眺めの良い場所でした。これぞ展望広場! という感じです。

なんでもここ西公園の突端は、万葉の時代(7世紀後半からの約100年間)には「荒津の崎」と呼ばれ、大陸へ向かう遣唐使を見送るドラマティックな場所として万葉集にも登場するんだそう。

近くには鵜来(うぐ)島、遠くには海の中道や志賀島、能古島もきれいに望めます。

福岡西公園 西側展望広場からの眺め
福岡西公園 西側展望広場からの能古島

奥にうっすら見えているのが能古島です。天気が良ければ、もろもろもっとはっきり見えることと思います。

先ほどの中央展望台が博多湾・博多港・立花山・アイランドシティ方面を眺めるのによい場所だったのに比べ、こちらはそのさらに西側の、西戸崎・志賀島・能古島方面を見渡すのに絶好の場所です。

西側エリアの結論!

西エリアの特徴を一言でまとめると、西側展望広場からの眺望の素晴らしさ、だと思います。何を求めて西公園を訪ねるかにもよりますが、目的が “眺望” であるならば、何をおいてもまず西側! だと個人的には思いました。

とはいえ中央の賑やかさも捨てがたいので、お時間に余裕があれば中央と西の両方に行ってみるのが一番いいのではないでしょうか。



位置関係おさらい

ちょっとここで、園内マップのおさらいをしてみましょう。

さきほどのマップと南北が逆なのですが、こちらは西公園内に設置されている案内図です。

オレンジでラインを引いたところが各駐車場で、今いるのは一番右の「西側駐車場」ですね。次は反対側の「東側駐車場」の様子を見てみたいと思います。

ここで一点気になるのが、「東側展望広場」のことです。公園内には新旧2バージョンの園内案内マップがあるのですが、古いバージョンのほうには載っている東側展望広場が、新しいほうには載っていないんですよね。

もしかしたら、スタメン落ち? とも思いましたが、公式サイトの園内マップには載っている模様。

よく分からないので、とにかく行ってみることにしましょう。

東側エリア

東側駐車場の様子

こちらが東側駐車場の入り口です。

福岡西公園 東側駐車場入り口

収容台数43台と、一番大きな駐車場なだけあってかなり安心感のある様子。

福岡西公園 東側駐車場の様子

先出の旧バージョンマップによると、この場所は以前は「グラウンド」だったようです。神社への参拝や花見などで、駐車場が足りないという話にでもなったのでしょうか。

確かに駐車場が増えるのはありがたいですが、子どもが遊んだり部活で使ったりしていたでしょうに、少し残念な気もします。

都市高速環状線ができたせいで周辺の様子もずいぶん変わったでしょうし、現代化も一長一短ですね。

こちらの駐車場にも自販機はありませんが、トイレは車道に上がるとすぐ、「中司孫太郎神社」の向かいにあります。

この中司孫太郎神社の先は「光雲(てるも)神社」ですので、東側駐車場は神社参拝に便利がいいですね。

東側展望広場の様子

展望広場には、先ほどのトイレの少し先から階段を上がるか、神社側から橋を渡っても行くことができます。

見通しがあまりいいとは言えませんが、木々の隙間からなんとか垣間見えるのは、都市高の「荒津大橋」や博多漁港などの長浜エリア。

藤棚に設置されていた説明案内板によると、すぐ眼下の「福岡船溜まり」(博多漁港)の「かもめ広場」付近は、現舞鶴公園内の「鴻臚館(こうろかん)」とも深い繋がりがあり、黒田藩の時代にも要港としての役目を果たしていたんだそうです。

正直に言うと、展望台としてはイマイチの東側ですが、あらためて福岡・博多の歴史の深さを感じることができるという意味では、西側に劣らない魅力はあるかもしれません。

でも私がここで一番きれいだと思ったのは、藤棚でした…。

福岡西公園 東側展望台の藤棚

西側展望広場付近でも立派な藤棚を見かけましたし、春は桜だけでなく藤の花もさぞかしきれいなことでしょう。

展望台広場

ここで、マップ上で見て気になっていた「展望台広場」にも行ってみました。この広場も、マップによっては載っていたり載っていなかったりなので、重要度は低いのかもしれません。

駐車場向かいから階段を上り、坂の遊歩道を進むと…

「展望台広場」に到着?

福岡西公園 展望台広場

“展望” はないようですが、広場の隅には案内板と石碑が立っています。

ここが荒津山の頂(いただき)』というタイトルから始まる説明文には、西公園の成り立ちや、後ろの石碑について書かれていました。1900年(明治33年)に当時の皇太子(のちの大正天皇)がここに桜と松を植樹されたことの記念碑なんだそうです。

展望台広場かどうかは謎ですが、一応山頂であるということと、大正天皇の巡幸の地であったということで、まぁ来てみて悪くはなかったかな、という場所でした。

ちなみにこの広場を突っ切ってさらに進むと、加藤司書公(幕末の黒田藩家老、勤王派)の歌碑があり、さらに進むと中央駐車場前に出ます。

東側エリアの結論!

個人的には、展望という意味では最下位の東側ですが、駐車場が広くて停めやすいこと、神社が近いことが最大の特徴かと思います。

光雲神社前には参拝客専用の駐車場もありますが、参拝の前後に公園内をぶらっと歩き回ってみたいという場合には東側駐車場はおすすめです。

各エリアの特徴まとめ

ここまで、各駐車場と展望広場の様子をお伝えしてきましたが、なんとなくそれぞれの特徴を把握していただけたでしょうか。

内容をまとめてみると…

中央エリアの特徴
  • 駐車場は小さいが、メイン広場の賑わいがある
  • 自販機・うどん屋・名物ホットドッグ屋があり、景色だけでなく飲食も楽しみたい場合に◎
  • 博多ポートタワー・博多港を行きかう船・アイランドシティ・立花山など、博多湾の東半分を眺望できる
  • 夜景がきれい(かも)

西側エリアの特徴
  • 駐車場はアスファルト舗装されておらず、ラインも明確ではないため、苦手な人は苦手かも
  • 中央展望広場にも近く、便利な立地
  • 鵜来島・西戸崎・志賀島・能古島など、博多湾の西半分を眺望できる
  • 遣唐使や荒津の崎のロマンに浸れる
  • 展望広場としては一位

東側エリアの特徴
  • 3ヶ所の中で一番広くて停めやすく、空いている確率も高い駐車場
  • 中司孫太郎神社や光雲神社に近い
  • 眺望はいまいちだが、荒津大橋や博多漁港を眺めるにはここが一番
  • 鴻臚館や江戸時代との繋がりを感じることができる
  • 趣のある藤棚が立派

という感じになりました。

全て個人的な意見ではありますが、みなさんの駐車場や展望広場選びの参考になれば幸いです。

景色重視で行く場合の私のおすすめは、「中央駐車場」に停めて中央と西側の両方の展望広場を見ること、かな。でも結局、どこに停めても何とでもなります(笑)

私もまだまだ西公園を探検し尽せていませんので、もっと天気のいい日にまたゆっくり訪れたいと思います。(桜の季節以外で!)

最後までお付き合いいただき、どうもありがとうございました!

ではまた☺ Polly

「かわいい~!」と写真を撮るだけでは済まされないと感じた、福岡・西公園の猫問題について

福岡西公園の猫

※記事内の写真はすべて2019年10月26日に撮影したものです。